• 九州工業大学情報工学部 生命化学情報工学科 医用生命工学コース

生命はすぐれた情報システム

生命の持つ働きをヒトの生活に役立たせるバイオテクノロジー。生命化学情報工学科では、医療、製薬、飲食品、化学、環境、バイオ素材など幅広いバイオ分野に、情報工学の知識と技術を融合させることで、ヒトに関わる新たな産業分野を構築できる人材の育成を目指します。

本サイトは、平成30年度改組後の生命化学情報工学科サイトです。
改組前の生命情報工学科サイトは、左のバナーをクリックしてください。
  1. 2019.11.01

    BIOMOD世界大会で本学学部生がBronze Awardを受賞しました。

  2. 2019.10.11

    本学学生が第43回蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウムで優秀ポスター賞を…

  3. 2019.10.07

    坂本順司教授らの論文がScience誌に掲載されました。

  4. 2019.07.10

    山西教授らが多様な細胞における薬物応答遺伝子発現を高精度に予測する新技術を開発しまし…

  5. 2019.04.22

    山西教授ら研究グループのAI創薬に関する取り組みが日本経済新聞電子版で紹介されました…

  6. 2019.01.07

    山西教授ら研究グループのAI創薬に関する取り組みが西日本新聞1面で紹介されました。

  7. 2018.12.27

    本学の修士学生が第10回中国地域育種談話会において優秀発表賞を受賞しました

  8. 2018.11.13

    山西教授らが医薬ビッグデータから抗がん作用薬を自動的に予測する情報技術を開発しました

  9. 2018.10.03

    本学研究員が第24回日本環境毒性学会において若手奨励賞を受賞しました

  10. 2018.09.24

    本学学生が第42回蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウムで優秀ポスター賞を…