お知らせ

お知らせ
ホーム > お知らせ > 花田教授らの研究グループが高CO2条件での植物の成長促進に関連する遺伝子を発見しました。

花田教授らの研究グループが高CO2条件での植物の成長促進に関連する遺伝子を発見しました。

掲載日:2022年04月20日

大気中のCO2濃度は上昇を続けています。大気CO2濃度の上昇は、短期的には植物の光合成速度を増加させますが、その増加が長続きしないことが多くの植物で観察されており、地球の人口増に対する食糧不足が懸念されます。そのことへの対応策の一つが、高CO2環境に適応した作物の育種です。

東北大学生命科学研究科の彦坂幸毅教授、小口理一助教(現大阪公立大学准教授)、九州工業大学の花田耕介教授(理化学研究所環境資源科学研究センター機能開発研究グループ客員研究員(研究当時))らの研究グループは、世界各地の様々な緯度・標高からシロイヌナズナの多数のエコタイプを収集し、比較解析を行うことにより高CO2条件で成長促進に貢献する遺伝子を発見しました。本研究を発展させることで、将来の高CO2環境で高収量を実現する作物の育出に貢献することが期待されます。

本研究成果は4月9日付でPlant Molecular Biologyオンライン版に掲載されました。

詳細は本学プレスリリースもご覧ください。

お知らせアーカイブ

九州工業大学
九州工業大学 情報工学部

各種情報

九州工業大学 情報工学部 キャリアセンター
シラバス