学習・教育到達目標

学習・教育到達目標
ホーム > 学科・コース紹介 > 学習・教育到達目標

生命化学情報工学科の学習・教育到達目標

生命化学情報工学科は、4年間の生命化学情報工学科の教育プログラムを通して、次に掲げる学習・教育到達目標 (A) ~ (G) を達成するための教育を行います。


(A) 社会性及び深い教養を身につけ、多面的に物事を考え判断する能力を養う。(教養)
(B) 情報化やバイオ技術が自然や社会に及ぼす影響に関心を持ち、責任ある社会的活動のできる技術者倫理を身につける。(倫理)
(C) 情報工学、数学、自然科学などの基礎学力と応用力を習得する。(理系学力)
(D) 生命科学の専門分野・応用分野の知識と技術を習得すると共に、生命科学と情報技術を組み合わせ、様々な分野における問題を解決する意欲と能力を身につける。(生命情報)
(E) 種々の科学的知識・技術及び情報技術を活用して課題を解決する能力、並びに課題解決に向けて自主的、継続的に学習する能力を習得する。(デザイン・計画遂行能力)
(F) 論理的な思考能力とコミュニケーション能力(表現力、記述力、議論能力、語学力など)を習得する。(表現力)
(G) チーム活動において、自己のなすべき行動及び、他者がとるべき行動を的確に判断し、他者に適切に働きかけることができる能力を習得する。(チームワーク)

JABEE認定について

2018年度改組後の入学生においては2022年度に予定されるJABEEプログラム認定後に確定します。
詳細については、JABEE冊子をご参照ください。